スポーツ外傷・障害の原因と予防法について

LINEで送る
Pocket

1ce6c6969b40800774f6da9b1950525a_s

部活やスポーツでこんなことに困っていませんか?

□ 試合が近いけどイマイチ調子が上がらない
□ 自分に必要なセルフケアがわからない
□ どんなトレーニングが必要かわからない
□ 昔、ケガしたところが気になって楽しめない
□ 記録が思ったように伸びない
□ 足首の捻挫がクセになっている
□ 野球肘・ゴルフ肘・ジャンパーズニーがつらい
□ なんとなくやる気が起きない

216

etc…

こんな原因が考えられます

〇 セルフケア不足
〇 オーバーワーク

スポーツ後のクールダウン
忘れていませんか??
からだを使いたいだけ使って
あとはほったらかし…

食事が終わったら食器を流しに持っていき洗いますよね??
スポーツ後のクールダウンをしないということは
使った食器が流しにドンドン溜まっていってしまった状態と同じです。

良いわけありませんよね。

疲れが溜まって痛みや違和感に変わる前に『クールダウン&セルフケア』を行いましょう。

「どんなセルフケア・ストレッチをやったらいいかわからない??」という方は指導させていただきますので、お気軽に申し付けください。

 

トラブルの8割はコレで解決されます

031

『オーバーワーク』のトラブル。
これはこんなことで解消されます。

・日誌orトレーニング記録をつける

どんな練習をどのくらい行ったのかを意識することで自分のからだが、どんな状態かを知ることができます。
あとから見直すこともできますのでトーレニングを組み立てるのにも使えます。

ひとことでもふたことでも結構ですので、記録をつけていきましょう。

インターネット上でそういうサービスを行っているサイトを活用するのもいいですね。
(スマホのアプリでもあります)

 

・セルフケアをしっかり行う

スポーツ直後に行うセルフケアはクールダウンの意味もありますが
あなたがからだの声に耳を澄ませる大事な時間でもあります。

例えばストレッチを行った際に「変に突っ張るところはないか?」
「痛みのでる動きはないか?」「動かしにくい動作はないか?」

故障中に行うセルフケアも、どのくらい回復してきたかの
目安になりますので、しっかりと行うことをおすすめします。

まとめると『自分の状態を客観的に評価する』ということ。
第三者的な冷静な目線を持ち、自分自身をコントロールする力が身につき再負傷を未然に防ぐことができます。

 d42b87363b4165acd0534fcedb12a862_s

当院があなたにできること…

当院ではそんな観点からいつまでもトラブルなく スポーツを
楽しんでいただくためのお手伝いをさせていただきます。

ケガや故障の直後からリハビリ~復帰まで
しっかりと計画を立てて施術を進めていきます。

あなたとしっかり相談しながらサポートいたします。

「治癒までの道のりを最短距離で!」がモットーです。

一生、勉強

ビギナーの方から上級者の方まで しっかりとカバーするため
専門の知識を増やし、施術の技術を磨くことは欠かせません。

あなたのスポーツライフがいつまでも光り輝くよう
日夜、額に汗をしながら研鑽に励んでいます。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

 

スポーツマンの痛み

上村辰也さん
<会社員>

「アドバイスがとても助かります」
(腰痛・ひざ痛で来院されました)

小学生のころからお世話になっています。自分は週2回くらい通院させてもらっていますが子供もスポーツをやっているのでアッチコッチが痛い時には神保さんに行くようにすすめています。体のことはもちろん、メンタル面でもサラリとアドバイスがとても助かります。4番目の子供はキッズスペースの利用のために「行かないの?」と、言ってきますがちょうど行こうかなと思った時に言ってくれて「ガマン」をしなくて子供のため?に通わせてもらっています!

 

電話でのお問い合わせは

インターネットでのお問い合わせは

こちらの記事も人気です。

Sorry. No data so far.

LINEで送る
Pocket

このページの先頭へ