プロからの推薦状

LINEで送る
Pocket

僭越ながら各方面の「プロ」と呼ばれている方から当院の推薦状をいただきました。

私一人だけニヤニヤしながら眺めているだけではもったいないので(笑)こちらにて紹介させていただきます。

推薦していただいた方たちのご厚意に応えるべく日々一所懸命、施術にあたらせていただきます。

 

ヨガ&フィットネス スペース代表・久保田祥子さん

祥子(さちこ)先生とはもうかれこれ何年のお付き合いなるでしょうか?

私の実の姉と同級生ということもあり、ほんとにお姉ちゃんのような存在です。

ヨガのほかにもフィットネス・ボクササイズ・マクロビオティックなどにも精通されていてとても頼りになる存在。

私もたまにスタジオにお邪魔してヨガなどを体験させていただいています。

祥子先生も調子が悪くなると当院にて調整していかれます。

公私ともにお世話になっている祥子先生から紹介文をいただきましたので紹介させていただきます。

ちなみにこちらは祥子先生のブログです。

yoga&fitness SPACE 楽しく今を生きてますか?

b8000f37-s

(以下、推薦文本文)

神保接骨院 院長 神保貴雄先生との出会いは…

「5年ほど前の南魚沼市縦断駅伝で助っ人として走ってくれた若者」

でした。

それ以降、スタジオのイベントとのコラボ企画をさせて頂きビジネスパートナーとしても「力強い助っ人」として助けていただいてます。

私自身、趣味の「登山」が思い切りできるのは「神保接骨院」があるから。

山という場所はコンビニも病院もない場所です。

無いからこそ、自分の体を不安の無い状態で持っていかなければなりません。

せっかく楽しみに行く登山ですから、途中で具合が悪くなるような状態では同行者にも、山にも失礼です。

山へ行く前日には必ず痛みの「重い」「軽い」関係なく『メンテナンス』として行くようにしています。

行くことによって、まずはじめの登山の準備が出来たことになります。

ケガをしてからだけでなく「なんとなくヘンだぞ⁈」と感じたら行ってみる。

コレが長引かせない秘訣かもしれません。

11846550_847623498666895_5377033904142970467_n

私自身、こんな風に気軽に利用させて頂き、体調管理もできていることで、他の方にも胸を張ってオススメ出来ます。

物腰が柔らかで、老若男女問わず人気者の院長。

「どこに行ったら良いかな?」と聞かれ、神保接骨院を紹介すると

「良いところ紹介してくれてありがとう!行ってよかった!院長イケメンだし」

と、笑顔で教えてくれます。
とにかくファンが多いです。

院長はランナーでありトレイルランナー治療中にさりげなくレースやケガ予防のためのヒントやアドバイスを教えてくれます。

そのお話を聞けるのも当院の魅力。

部活動で故障してしまった、地元の学生さんから、スキーやランニングで故障してしまった方、『治すこと』だけでなく『予防法』を教えて下さる治療院こそ本物」と思っている私にとって、イチオシの接骨院です。

(以上、推薦文本文)

 素直に嬉しいです。

これからも祥子先生と切磋琢磨して南魚沼市の健康づくりのお手伝いに尽力していく所存であります!!

ありがとうございました。

 

すこやか整骨院 臼井一晃先生

臼井先生は長崎駅から車で12分の場所で整骨院を開業されています。

冗談抜きで「こんな先生が近くで開業してなくてよかったわぁ…」って思います(笑)

腰痛、肩の痛みはもちろんですが、臼井先生が特に力を入れているのが「足」。

オーダーメイドのインソール(靴の中敷)を作成して全身のバランス整えてくれます。

足やシューズについて講演会や健康教室なども行っている本格派の先生です。

新潟に住んでいたら是非行きたい接骨院

神保先生は新潟県南魚沼市という所に開院し35年になる接骨院を親子2代でされているそうです。接骨院は六日町駅から歩いて5分ほどの所にあります。

今回でお会いするのは2回目だったのですが、昔から知ってる友人のようにお話させてもらいました。

というのも以前、南魚沼市でランナーに向けたセミナーや健康教室を開催されている神保先生に、実際に録音した音声を聞かせてもらったりアドバイスを頂いたことがあり、俗に言う「メル友」のような関係だからです。

私も人前でお話しすることがあるのですが、大勢の人に上手に伝えることって難しくて、今回神保先生に会ったら、質問攻めにしてやろうと狙っていました(笑)

お話によると、接骨院の駐車場は6台あり、南魚沼市で唯一キッズスペースも準備してあるので、200キロ離れた新潟市からテーピングの講習を受けに来られる方もいるとのこと。

私も新潟に住んでいたら是非行きたい接骨院です。当院でも使っている靴のインソールを扱っておられたり、先生自身がランニングをされていて、ランナーに強い接骨院を目指しているそうです。

こちらの記事も人気です。

電話でのお問い合わせは

インターネットでのお問い合わせは

LINEで送る
Pocket

このページの先頭へ